2011年05月18日

陸前高田に行ってきました

岩手県陸前高田市は、甚大な津波被害の只中でした。

震災から2カ月がたってもなお、行方不明者の捜索が続いています。
瓦礫の撤去作業に自衛隊が働き、仮設住宅を建てる作業が急ピッチで進められています。
市役所も流され、新庁舎がオープンしたのがつい先日。
災害義援金の申請も16日から始まりました。
断水している地域もまだあり、避難所では沢山の人が共同生活をしています。



陸前高田市災害ボランティアセンターはこちら。

CIMG0606.JPG

http://rikutaka.ti-da.net/c183533.html

5月12日から16日まで、災害ボランティアセンタースタッフとして参加してきました。
ここでは地元社協や地元のボランティアをはじめ、
応援にやってきた他県のNPOや青年会議所などなど、
さまざまな人が「仲間」として共に考え、市民に寄り添った活動をすすめています。
やってくる人たちは本当にさまざま。
驚いたのは、沖縄の青年会議所と北海道の青年会議所が一堂にいたり!
全国から「少しでも何か手伝いたい」と思う人たちが集まっています。
そして、そこにやってくるボランティアもまた「仲間」のひとりです。

スローガンは、

「つないで陸高! なじょにかすっぺ」
CIMG0627.JPG

人と人とがつながり手を取り合って、何とかしていこう!
と、災害ボランティアセンターは今日も復興に向けて活動しています。


最後に忘れちゃいけない、美しい陸高。

CIMG0629.JPG

大変な被害にあいながらも、
少しでも何とかしようと前に進む素敵な人たちが暮らす町です。


地域福祉係 天野
posted by 東久留米ボラセン at 11:33| Comment(0) | 社協職員の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: