2011年07月14日

福島県相馬市災害ボランティアセンターに行きました

souma_1.JPG

6月29日〜7月4日まで、東京都社会福祉協議会を通じて
福島県相馬市災害ボランティアセンタースタッフとして行ってきました。

大変な被害を受けた相馬市の現状は、全ての避難所が6月17日に閉鎖され
市内4か所にある仮設住宅に入居されている方々への生活支援に移行しつつあります。

災害ボランティアセンターは3月21日から市商工会議所の2階に開設していましたが、
7月1日より相馬市総合福祉センター『はまなす館』に移転しました。

souma_2.JPG


センターの引っ越しは6月30日。
ボランティアの皆さんを送り出した9時半頃より作業開始。
軽トラックに荷物を載せ、何度も往復しました。

souma_3.JPG


市商工会議所に開設し全国から駆けつけたボランティアさんは
延べ10,438人。
センタースタッフとボランティアの皆さんの“そうま魂”もいっしょに
はまなす館へ運び込みました。

現在ボランティアのニーズは収束傾向にありますが、
募集状況は毎日更新する相馬市災害ボランティアセンター
ブログで確認できます。
http://d.hatena.ne.jp/somasaigai/

県外から来るボランティアさんも多く
帰り際に「また明日きまーす!」といった笑顔が印象的でした。

総務係 大澤
posted by 東久留米ボラセン at 16:54| 社協職員の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする