2014年08月19日

教会防災ネットワークN(新座)H(東久留米)K(清瀬)主催 防災講演会

テーマ 『次期大規模災害に備える地域教会ネットワーク構築を目指して』
日時 8月31日(日) 午後6時〜8時  ※開場 午後5時半
開場 クリスチャンアカデミー インジャパン(CAJ)講堂

特別講義 演題「100年先の日本の地域教会の姿に思いを馳せて」
〜3.11以降の時代における教会の役割と責任を考える〜
特別講師 近藤 愛哉 師 (盛岡聖書バプテスト教会牧師、大船渡聖書バプテスト教会顧問牧師、3.11岩手教会ネットワーク・コーディネーター)

主催 教会防災ネットワークN(新座)H(東久留米)K(清瀬)
協賛 清瀬旭ヶ丘教会、清瀬福音自由教会、清瀬グレースチャペル、清瀬聖母教会、清瀬キリスト福音教会、東久留米教会、東久留米泉教会、久留米キリスト教会、Kurume Bible Fellowship(KBF)、滝山聖書バプテスト教会、東京新生教会、久留米聖書教会、贖ルーテル福音キリスト教会、清瀬みぎわ教会、クラッシュ・ジャパン、いのちのことば社出版部(ライフサービス)、清瀬ひかり幼稚園、学校法人自由学園、シャローム特養老人ホーム、輝(キリスト教専門葬儀社)

posted by 東久留米ボラセン at 17:12| イベント・研修・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする