2020年07月07日

被災地へのボランティア活動を考えているみなさまへ

災害ボランティア活動は、個人個人の自由な意思に基づいた活動であることが原則です。
しかし、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れがあります。
令和2年7月3日以降、熊本県、鹿児島県、宮崎県を中心に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が発生していますが、今回の被災地域は、人口に占める高齢者の割合も高く、感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。

そのため、今回の災害における今後のボランティア活動については、被災地域からボランティア募集に関する発信があるまでは、ボランティア活動を目的として被災地に向かわないでください。

今回の災害に関する最新の情報は以下をご覧ください
〇全社協被災地支援・災害ボランティア情報(https://www.saigaivc.com/
〇東京ボランティア・市民活動センター ボラ市民ウェブ(https://www.tvac.or.jp/

コロナ禍でのボランティア活動にあたっての参考ページ
〇「新型コロナウイルス感染拡大下における災害ボランティアセンターの設置・運営等について〜全社協VCの考え方〜」(https://www.saigaivc.com/covid19/
〇NPO法人全国災害支援団体ネットワーク(JVOAD)【新型コロナ対策】災害対応ガイドラインについて(http://jvoad.jp/news/20200612-korona-guide/
posted by 東久留米ボラセン at 11:13| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(紹介)令和2年7月3日からの大雨による災害に伴う災害ボランティア・NPOサポート基金(災害ボラサポ・令和2年7月豪雨)

令和2年7月3日以降、熊本県、鹿児島県、宮崎県を中心に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が発生しています。
また、現在専門的な技術をもつ被災県内のNPO・ボランティア団体によって支援活動が展開され始めているほか、複数の災害ボランティアセンターの開設が見込まれている状況です。こうした被災県内のNPO・ボランティア団体自身によって行われる被災者支援活動を応援するため、中央共同募金会では、「令和2年7月3日からの大雨による災害にともなう災害ボランティア・NPO活動サポート基金(災害ボラサポ・令和2年7月豪雨)」の寄付受付を開始しています。

〇募集期間
2020年7月6日(月)〜12月31日(木)まで

〇助成
本寄付金は、令和2年7月豪雨災害の被災地において、当面の間、被災県内のNPO・ボランティア団体による被災者支援活動にかかる費用を助成します。
なお、当該助成は中央共同募金会が設ける運営・審査委員会により決定し、被災地で救援・復旧・復興に携わるボランティア活動を支援するほか、残額が出た場合には防災・減災力向上のための活動や災害時に備えた基盤整備にかかわる支援のために活用されます。

〇寄付の方法
・インターネット募金による寄付の場合
 赤い羽根共同募金 寄付金ネット決済システム(https://hanett.akaihane.or.jp/donate/entry/393/)をご覧ください。
・銀行振込による寄付の場合
 金融機関:三井住友銀行 東京公務部
 口座番号:(普)0162585
 口座名義:(福)中央共同募金会

その他詳細は、中央共同募金会ホームページ(https://www.akaihane.or.jp/saigai-news/13151/)をご確認ください。
posted by 東久留米ボラセン at 10:53| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

令和元年10月12日からの台風19号による被害に関するボランティア保険の取扱いについて

令和元年10月12日からの台風19号による被害に関するボランティア保険に関して、10月15日より3か月間「大規模災害時の特例措置」が適用されており、これまで復興支援・被災者支援活動に多くのボランティアの参加が必要とされてきました。
今後も同様の状況が見込まれることを踏まえ、1月16日以降も引き続き「大規模災害時の特例措置」が適用されることになりました。詳細は以下の通りとなります。

1 1月16日以降の適用期間について(変更)
  引き続き「大規模災害時の特例措置」を適用する(令和3年1月16日まで)
  ※「大規模災害時の特例措置」の適用期間は、これまでの3か月ごとから、1年間に変更となりました。
2 特例措置の対象となるボランティア活動
  令和元年10月12日からの台風19号による災害救助法適用地域並びに災害ボランティアセンターの設置された被害地域に関する復興支援・被災者支援ボランティア活動
  ※活動先の災害ボランティアセンター等が、府県市外からのボランティアを受け入れているのかを必ず確認してください。
  (注)上記以外の活動につきましては、通常通りの取扱いとなります。
3 大規模災害時の特例措置の概要について
  地震・噴火・津波などの災害により被害が広く大きく発生したため災害対応等のボランティア活動に緊急性がある場合に、特例として、保険料入金をご確認のうえ、窓口にて申込みを受け付けた時点から即時にボランティア保険を有効とします(全プラン共通)。保険終期は当該年度の3月31日です。(通常の受付は、窓口受付の翌日午前0時から保険有効となっています)
posted by 東久留米ボラセン at 09:21| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

令和元年10月12日からの台風19号による被害に関するボランティア保険の取扱いについて

令和元年10月12日からの台風19号による被害に関するボランティア保険の取扱いについて、以下の通り特例措置が適用されることになりました。

1 特例措置の適用期間
 令和元年10月15日(火)から令和2年1月15日(水)(3か月間)

2 特例措置の対象となるボランティア活動
 令和元年10月12日からの台風19号による災害救助法適用地域並びに災害ボランティアセンターの設置された被害地域に関する復興支援・被災者支援ボランティア活動
※活動先の災害ボランティアセンター等が、県外からのボランティアを受け入れているのかを必ず確認してください。
※上記以外の活動につきましては、通常通りの取扱いとなります。

3 大規模災害時の特例措置の概要について
 地震・噴火・津波などの災害により被害が広く大きく発生したため災害対応等のボランティア活動に緊急性がある場合に、特例として、保険料入金を確認のうえ、窓口にて申込みを受け付けた時点から即時にボランティア保険を有効とします(全プラン有効保険終期は当該年度の3月31日です(通常の受付は、窓口受付の翌日午前0時から保険有効となっています)

4 ご連絡・お問い合せ先
東京都社会福祉協議会 福祉部 経営支援担当
〒162−8953 新宿区神楽河岸1−1
電話 03−3268−7232 ファックス 03−3268−2148 

posted by 東久留米ボラセン at 10:45| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

令和元年9月9日からの台風15号による被害に関するボランティア保険の取扱いについて

令和元年9月9日からの台風15号による被害に関煤ボランティア保険の取扱いについて、以下の通り特例措置が適用されることになりました。

1 特例措置の適用期間
 令和元年9月13日(金)から令和元年12月13日(金)(3か月間)

2 特例措置の対象となるボランティア活動

 令和元年9月9日からの台風15号による千葉県、東京都島嶼部、神奈川県一部地域における災害救助法適用地域又は災害ボランティアセンターの設置された被害地域に関する復興支援・被災者支援ボランティア活動
※活動先の災害ボランティアセンター等が、県外からのボランティアを受け入れているのかを必ず確認してください。
※上記以外の活動につきましては、通常通りの取扱いとなります。

3 大規模災害時の特例措置の概要について
 地震・噴火・津波などの被害により被害が広く大きく発生したため災害対応等のボランティア活動に緊急性がある場合に、特例として、保険料入金を確認のうえ、窓口にて申込みを受け付けた時点から即時にボランティア保険を有効とします(全プラン共通保険終期は当該年度の3月31日です(通常の受付は、窓口受付の翌日午前0時から保険有効となっています)

4 ご連絡・お問合せ先
東京都社会福祉協議会 福祉部 経営支援担当
〒162−8953 東京都新宿区神楽河岸1−1 
電話 03−3268−7232 ファックス 03−3268−2148
posted by 東久留米ボラセン at 13:16| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする