2011年05月06日

福島県に来ています

先ほど、また地震がありました。

4日から福島県の災害ボランティアセンター本部に来ています、
地域福祉係の宮田です。

福島へは4日のお昼過ぎに到着しました。

今回、新幹線で福島入りしましたが、
宇都宮を過ぎたあたりから、車窓から見える住宅に
ブルーシートがかぶっているところが目立ち始めました。
地震の影響で屋根瓦が落ちてしまったのだと思います。

福島に近づくにつれて、さらにその数は増え、
この地震の被害を改めて目の当たりにしました。


さて、こちらが県の災害ボランティアセンターです。
DSC03364.JPG

私は、ここから車で1時間ほどの場所にある
ビックパレットふくしまに5日から入っています。
ここには、富岡町と川内村のみなさんが避難されています。

この中に、5月1日から生活支援ボランティアセンター、
その名も「おだがいさまセンター」ができました。

「おだがいさま」とは、こちらの方言で「お互いさま」のことだそうです。
生活の中の「ちょっとお願い!」と「まかせてっ!!」をつなぐ場として
日々多くの人がかかわり、さまざまな創意と工夫を重ねて発展中です。

「おだがいさまセンター」はツィッターも始めたんですよ。
ぜひ一度ご覧くださいね。
素敵なボランティアさんや町社協、村社協職員のみなさんの様子を
知ることができます。

DSC03372.JPG
ここがおだがいさまセンターです

また、情報紙「みでやっぺ!」を週に1回発行して、
避難されている方たちに
さまざまな情報をお届けしています。

「がんばっぺ、福島!!」
みなさま、応援よろしくお願いします!!

posted by 東久留米ボラセン at 01:00| Comment(0) | 社協職員の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

社協職員の被災地派遣について


 本会では5月4日(水)〜9日(月)まで、東京都社会福祉協議会を通じて、
 福島県社会福祉協議会災害ボランティアセンターへ職員1名を派遣します。
 県社協支援が目的のため、現地取材等を行うものではありませんが、
 市民の皆さまにお知らせできそうなことは適宜ブログに掲載します。

 その間、社協事務局では職員体制が整わないため、お待たせしてしまう場合もあります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。
posted by 東久留米ボラセン at 15:07| Comment(0) | 社協職員の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする