2016年04月18日

平成28年熊本地震 災害義援金の募集について

平成28年4月14日夜に発生した平成28年熊本地震では、
県内で甚大な被害が発生し、熊本県全市町村に災害救助法が適用されました。
被災されたみなさまに、心よりお見舞い申しあげます。

熊本県共同募金会及び中央共同募金会では、
被災された方々へのお見舞いのために、義援金募集を行います。

【熊本県共同募金会の義援金受付口座】
◆取扱期間
平成28年4月15日(金)〜6月30日(木)
◆振込先
(1)肥後銀行(ヒゴギンコウ)
    水道町支店(スイドウチョウシテン)
   普通預金 口座番号 1281400
   口座名  社会福祉法人 熊本県共同募金会
   (フリガナ) シャカイフクシホウジンクマモトケンキョゥドウボキンカイ
(2)熊本銀行
    花畑支店(ハナバタシテン)
    普通預金 口座番号 0025449
    口座名  社会福祉法人 熊本県共同募金会
   (フリガナ) シャカイフクシホウジンクマモトケンキョウドウボキンカイ

【中央共同募金会の義援金受付口座】
この度の災害が甚大なことから、
中央共同募金会でも義援金受付口座を開設いたしました。
中央共同募金会がお預かりした義援金は、
熊本県共同募金会に全額を送金いたします。

◆取扱期間
平成28年4月18日(月)〜6月30日(木)
◆振込先
三井住友銀行
東京公務部
普通預金 口座番号 0162585
口座名  (福)中央共同募金会熊本地震義援金
(フリガナ) フク)チユウオウキヨウドウボキンカイクマモトジシンギエンキン
※平成28年4月18日(月)以降に
三井住友銀行より送金いただく場合、
ATMも含めて本支店間の送金手数料は免除となります。

熊本県共同募金会・中央共同募金会の口座にお寄せいただいた義援金は、
税制上の優遇措置対象(地方公共団体に対する寄附金に該当)となりますが、
この優遇措置を受けるためには、「@熊本県共同募金会・中央共同募金会発行の領収書」
または「A銀行振込の際の振込票の控え」が必要となります。

なお、Aの場合、振り込んだ口座が義援金の受付専用口座であることを確認するため
熊本県共同募金会・中央共同募金会の「平成28年熊本地震義援金募集要綱」も、
確定申告時にあわせて必要となります。

詳しくは下記HPをご確認ください。
「中央共同募金会HP 平成28年熊本地震 災害義援金の募集について」
http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/399/
posted by 東久留米ボラセン at 09:44| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

平成27年9月台風18号等による大雨被害に関するボランティア保険について

この度の災害により災害ボランティアセンターが設置され、
いくつかの被害地域において県外ボランティアの募集が開始されています。

ボランティア保険について以下のとおり
特例措置が適用されることとなりましたのでお知らせします。

1 対象:台風18号等による大雨被害に関する復興支援・被災者支援ボランティア活動
2 保険プラン:全プラン共通
3 特例内容:窓口にて申し込み受付け時点から即時にボランティア保険を有効とする
4 手続き期限:平成27年12月11日まで(3か月間)

たとえば「今夜出発します」「今日から活動をしています」など、
緊急性がある場合、窓口での申し込み受け付け時に、
その時間を確認の上特例措置を適用します。

※緊急性がない場合や対象活動以外は、通常通り翌午前0時から有効
※基本コースABCプランで、土砂災害により被害を受けた場合は補償の対象となります。
(直接地震、噴火、津波による被害は補償の対象外)

【参考】
・ボランティア保険Q&A
http://higashikurume-vr.seesaa.net/article/197635711.html

・東京福祉企画(保険代理店)
http://www.tokyo-fk.com/


posted by 東久留米ボラセン at 13:41| ボランティア保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風18号に伴う大雨被害について

台風18号に伴う大雨の影響により、
茨城県、栃木県、宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、で被害が発生しています。

特に、茨城県、栃木県、宮城県では鬼怒川やその他河川の決壊、
溢水により大きな被害が出ています。

避難所も多数設置され、多くの避難者が発生しています。
被災者の皆さまにお見舞い申し上げます。

新たな義援金・支援金等やボランティアセンター等の情報は、
ボラ市民ウェブ/東京ボランティア・市民活動センターHPをご覧ください。

【参考】
「台風18号に伴う大雨被害について」
http://www.tvac.or.jp/news/36073


posted by 東久留米ボラセン at 10:40| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

災害救援ボランティア講座 東京第89期・目白大学2015年度

1.講座日程

※05月09日(土) 会場:目白大学新宿キャンパス
09:00-09:10 オリエンテーション・事務連絡
09:10-10:40 災害救援ボランティアの基本
10:50-12:20 災害情報収集伝達とコミュニケーション(グループワーク)
13:20-14:50 出火防止と初期消火
15:00-16:30 災害と防災対策の基本
16:30-17:00 事務連絡

※05月10日(日) 会場:目白大学新宿キャンパス
09:00-17:00応急手当活動(上級救命技能講習)

※05月16日(土) 会場:午前 池袋防災館/午後 目白大学新宿キャンパス
09:20-11:30 災害模擬体験と実技訓練
13:00-14:20 災害ボランティア活動の実際
14:30-16:30 災害ボランティアの安全衛生とリーダーシップ(総合図上演習)
16:30-17:00 まとめ・認定証授与

2.講座会場
※目白大学新宿キャンパス(西武新宿線・都営大江戸線「中井」駅より徒歩10分)
※池袋防災館(JRほか「池袋」駅より徒歩10分 )

3.応募資格
災害救援ボランティアに必要な基礎的知識・技能を身につけることを希望する方とします。ただし、18歳未満の方は保護者の承諾が必要です。実技訓練が12時間程度ありますので、身体的に負担が大きいと判断した方はお断りする場合があります。

4.費用
保険料、教材費他の実費として ¥15,000−/人(学生の方は¥10,000−/人)
目白大学在学生・教職員の方は受講料が減免されます。
応募者多数の場合は目白大学在学生・教職員が優先されます。ご了承ください。

5.支払方法
お申し込みを受付した方に講座一ヶ月前頃より、諸注意と専用の振込用紙をお送りします。1週間ほど前になっても資料が届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡下さい。

6.認定証交付と活動について
講座を修了され、成果が確認された方には、災害救援ボランティア推進委員会よりセーフティリーダー認定証、東京消防庁より上級救命技能認定証がそれぞれ交付されます。また、継続的な活動を希望するセーフティリーダーは「一般社団法人 SL 災害ボランティアネットワーク」に参加し活動することができます。詳しくは講座会場にて担当者にお問い合わせ下さい。

7.申込み及びお問い合わせ先
災害救援ボランティア推進委員会(担当:宮ア)
東京都千代田区九段北1-15-2九段坂 パークビル3階
TEL:03-6822-9900(代) FAX:03-3556-8217 http://www.saigai.or.jp/
午前9時30分〜午後5時00分(土日祝日を除く)

備考
受講地域に制限はありません。全国からご参加いただくことができます。
posted by 東久留米ボラセン at 11:27| 災害ボランティア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

総務省消防庁・NHK後援

総務省消防庁・NHK後援 災害救援ボランティア講座(東京第87期・日本大学)

【日時】平成26年11月8日(土)、11月15日(土)、11月16日(日)
【会場】日本大学(千代田区)、本所防災館(墨田区)
【定員】50名 ※定員になり次第〆切
【応募資格】災害救援ボランティアに必要な基礎的知識・技能を身に付けることを希望する方とします。
ただし、18歳未満の方は保護者の承諾が必要です。実技訓練が12時間程度ありますので、身体的に負担が大きいと判断した方はお断りする場合があります。
【申し込み方法】下記ホームページの「お問い合わせ」からウェブ申し込み、郵送、FAX
【費用】13,900円(学生9,900円)
【申し込み・問い合わせ先】災害救援ボランティア推進委員会(担当:宮ア)
 東京都千代田区九段北1−15−2九段北パークビル3階
 電話:03−6822−9900(代) FAX:03−3556−8217
 午前9時30分〜午後5時00分(土日祝日を除く)

 大規模災害のとき、あなたはわが身、わが命を守れますか。私たちは「災害時、わが身と家族の命を守う」ため実践的な防災の基礎知識と応急手当を学ぶ災害救援ボランティア養成講座を1995年より開催して来ました。これまでの講座回数は248回、修了者は8,395名を数え、「平成15年防災まちづくり大賞」総務大臣賞受賞、「平成16年防災功労者内閣総理大臣表彰」を受賞するなど、この実績は高く評価されております。
 災害列島日本で「わが命、わが家族、わが街」を守るため、多くの皆さんの参加を期待します。

【講座内容】
■11月8日(土):日本大学 経済学部 2号館2階123教室
 応急手当活動(上級救命技能講習)
■11月15日(土):日本大学 経済学部 2号館2階123教室
 オリエンテーション/災害救援ボランティアの基本/出火防止と初期消火/災害ボランティア活動の実際/災害時の決断力とリスク・コミュニケーション/
■11月16日(日):午前 本所防災館 /午後 日本大学 2号館2階123教室
 災害模擬体験について/災害模擬体験と実技/災害と防災対策の基本/災害ボランティアの安全衛生とリーダーシップ

※応急手当活動(上級救命技能講習)は有効期限内の同修了証、または日赤救急法救急員認定証をお持ちの地方で、免除を希望される方は事前にコピーを提出することで受講を免除されます(受講料等に変更はございません)
※災害模擬体験は、池袋・本所・立川いずれかの防災館体験カードをお持ちの方で、免除を希望される方は事前にコピーを提出することで受講を免除されます(受講料等に変更はございません)
※会場・講師・時間割等は都合により変更になる場合があります
posted by 東久留米ボラセン at 16:42| イベント・研修・講座など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする